REAL LIFE

世界で最もコーヒーを飲むのは誰ですか?こちらがランキングです

コーヒーは世界で最も人気のある飲料の一つであり、石油に次ぐ、市場で最も取引され要求された商品のランキングで2位です。

世界中で5,000億杯以上のコーヒーが消費され、25,000人がプランテーションで働いており、特にブラジルは主要な輸出国です。

それでは、最もコーヒーを飲む国はどこでしょう? 国際コーヒー機関はデータを収集し、一人当たりのコーヒー消費量のkgを考慮に入れたランキングを作成しました。

Freepik
どの国が最もコーヒーを飲んでいますか?
国際コーヒー機関はデータを収集し、年間に一人当たりに消費されるコーヒーのキログラムを考慮に入れたランキングを作成しました。これが完全なリストです。
Freepik
10.カナダ:一人あたり年間6.2キログラム
はじめはカナダからで、 Top Tenのなかで唯一の非ヨーロッパ国です。カナダ人は一人当たり年間約152リットルのコーヒーを消費します。
Freepik
9.ルクセンブルク:一人あたり年間6.5 kg
ルクセンブルクでは、仕事や事業のためにその国に行く人が多いため、コーヒーの消費量が大幅に増加しています。さらに、ここではヨーロッパの他の地域と比較して価格が特に安いです。
Freepik
8.ベルギー:一人当たり年間6.8 kg
ベルギーでは、ますます多くの人々がコーヒーを愛し始めています。特に、貴重で、高品質のコーヒーの需要が急増しています。
Freepik
7.スイス:一人当たり年間7.9キログラム
ランキングの8番目と7番目の大きな違い:スイスではベルギーよりも約1キロ多くのコーヒーを飲みます。そして好きな品種はカプセル製のものです。
Freepik
6.スウェーデン:一人当たり年間8.2 kg
スウェーデンでは、コーヒーはしばしばペストリーと一緒に飲まれます。さらに、多くの人がいくらかの牛乳を加えます。
Freepik
5.オランダ:一人当たり年間8.4kg
オランダでも、最高品質のコーヒーに対する需要が高まっています。
Freepik
4.デンマーク:一人当たり年間8.7 kg
デンマークでは、アメリカのコーヒーが最も普及しています:この飲み物を飲むことは社交のための基本的な機会であるだけでなく、仕事中にリラックスする役割もあります。
Freepik
3.アイスランド:一人当たり年間9キログラム
アイスランドは人口に比べてコーヒーとの関係が非常に良い国の一つです:約37万人で9キログラム(子供は除外!)
Freepik
2.ノルウェー:一人当たり年間10キログラム
ランキング二位の銀メダルは、1800年からコーヒーが高く評価され始めたノルウェー。
Freepik
1.フィンランド:1人あたり年間12 kg
ランキングのトップはフィンランドです。コーヒーはウォームアップして寒さから身を守ることを可能にします:この飲み物を飲むことは安らぎを与え、その日のためのエネルギーチャージに重要な意味を与えます。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.