ピープル

スタンリー・キューブリック:『シャイニング』の偉大な監督に関する5つの興味深い事実

アメリカの映画監督スタンリー・キューブリックは、史上最も偉大で最も優れた映画芸術家の一人として、世界的に評価されています。

キューブリック監督は、製作した映画の本数はそれほど多くないですが(生涯で13本しか製作していない)、それでも多くのジャンルを横断することに成功しました。監督としてだけでなく、脚本家、編集者、撮影監督、写真家、特殊効果クリエーターとしても活躍しました。

映画史に残る傑作の数々を作り上げたにもかかわらず、スタンリー・キューブリックは一度もオスカーを受賞することなく、彼の作品は技術的な賞しか受賞していません。

Getty Images
史上最も輝かしい監督の一人
アメリカの映画監督スタンリー・キューブリックは、史上最も偉大で最も優れた映画芸術家の一人として、世界的に評価されています。キューブリック監督は、生涯で13本の映画を製作するなど、それほど多作ではなかったものの、多くのジャンルを横断しました。
Getty Images
多面的な才能を持つキューブリック
監督であると同時に、脚本家、編集者、撮影監督、写真家、特殊効果クリエイターでもありました。映画史に残る傑作をいくつか作ったにもかかわらず、スタンリー・キューブリックはオスカーを受賞することなく、彼の作品は技術的な賞しか受賞していません。
Getty Images
写真の世界に対する愛
キューブリックのキャリアは、彼が大の愛好家であった写真の世界から始まりました。後に映画監督となる彼は、高校時代に写真クラブに所属し、その後もこの情熱を追い続け、映画の中で写真を多用した実験を行っています。
Getty Images
猫への愛
キューブリックは猫を可愛がっていたようで、飼っていた猫の中には仕事場に入ることを許された猫もいたそうです。例えば、キューブリックにとって一種の孤独の要塞である編集室に猫を入れるのが好きだったと言われています。
Getty Images
ラジー賞『シャイニング』受賞
キューブリックの代表作のひとつである映画「シャイニング」が、「ラジー賞」で2部門にノミネートされました。主演女優のシェリー・デュバルがワースト女優に、そしてキューブリック自身もワースト監督にノミネートされたのです。
ANSA
「時計じかけのオレンジ」にまつわる2つの興味深い事実
キューブリックは、バージェスの小説を初めて読んだ後、映画版「時計じかけのオレンジ」を撮りたくないと思ったと言われています。特に、キューブリックは、バージェスが小説のために特別に考案した、一部の登場人物が使う特殊な言語を好まなかったことにあるようです。さらに、この映画のサウンドトラックはエンニオ・モリコーネに託されるはずでしたが、イタリアの偉大な作曲家は他の仕事の都合で断念せざるを得なかったのです。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.