映画スター

マーティン・スコセッシが語る歴代映画ベスト15

マーティン・スコセッシ監督は、間違いなく歴史上最も偉大な映画専門家の一人です。

50年以上のキャリアを持つ彼は、現代を代表する映画の数々を監督し、数々の賞を受賞してきました。しかし、彼は史上最高の映画についてどのように考えているのでしょうか?このフォトギャラリーでは、スコセッシ監督による、映画史上最も影響力があり重要な15作品を選びました。

各写真には、その映画についての短い説明と、なぜその映画が映画史に忘れがたい足跡を残したのかが添えられています。アメリカの偉大な監督にインスピレーションを与えた名作を一緒に見つけましょう! (出典: rollingstone)

Arturo Holmes/Getty Images for FLC
マーティン・スコセッシが語る歴代映画ベスト15
マーティン・スコセッシ監督は、間違いなく歴史上最も偉大な映画専門家の一人です。50年以上のキャリアを持つ彼は、現代を代表する映画の数々を監督し、数々の賞を受賞してきました。しかし、彼は史上最高の映画についてどのように考えているのでしょうか?このフォトギャラリーでは、スコセッシ監督による、映画史上最も影響力があり重要な15作品を選びました。各写真には、その映画についての短い説明と、なぜその映画が映画史に忘れがたい足跡を残したのかが添えられています。アメリカの偉大な監督にインスピレーションを与えた名作を一緒に見つけましょう! (出典: rollingstone)
Trailer screenshot - Alfred Hitchcock
15)めまい(1958年)
アルフレッド・ヒッチコックの代表作『めまい』は、高所恐怖症の刑事が美女失踪事件を捜査する姿を描いたミステリアスなサスペンススリラーです。多くの心理学、象徴主義、そしてドキドキするようなサウンドトラックが盛り込まれたこの作品は、その後の世代に大きな影響を与えた名作です。
Wikimedia - By Di Drgonzo1985
14) 雨月物語 (1953年)
溝口健二監督が1953年に発表した「雨月物語」は、戦争と混乱の時代に生きる2人の男の夢と野望を描いた日本映画の古典です。
Wikimedia Commons Rights
13)サーチャーズ(1956年)
ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演の西部劇映画です。インディアンに誘拐された少女の捜索と、その道中の精神的・肉体的な葛藤を描いたものです。
Wikimedia Commons Rights
12)サルバトーレ・ジュリアーノ(1962年)
第二次世界大戦中に軍隊に徴用された少年が、軍隊生活と遠距離恋愛の困難に立ち向かう姿を描いたジュゼッペ・デ・サンティス監督の作品です。
Wikimedia - By Totorosan1
11)Le Fleuve(1951年)
インドに住むイギリス人家族の生活と、ガンジ川との関係を描いたジャン・ルノワール監督の映画です。愛、成長、生命の循環を描いた詩的な物語です。
Wikimedia - By Johnny Freak
10)赤い靴(1948年)
バレリーナのビッキー・ペイジが、ダンスへの愛とパートナーとの間で葛藤する姿を描いたイギリスの映画作品です。革新的な特殊効果と印象的なサウンドトラックで、映画とバレエのパートナーシップを表現しています。
Wikimedia Commons Rights
9)Paisa(1946年)
ロベルト・ロッセリーニ監督による映画で、第二次世界大戦中の連合軍とイタリア住民との出会いを、イタリアの各都市を舞台にしたエピソードで描いた作品です。
Wikimedia - By Totorosan1
8)Ordet(1955年)
Kaj Munkの戯曲を原作にCarl Theodor Dreyerが監督したデンマーク映画の名作で、農家の家族の物語を通して信仰と精神性を追求する作品です。
Wikimedia - By Luchino Visconti
7)豹(1963年)
1860年のイタリア統一を舞台にしたイタリア映画で、時代の社会変化に適応しようとする老いた貴族の物語です。ルキノ・ヴィスコンティの演出とバート・ランカスターの演技により、イタリア映画の名作として知られています。
Wikimedia Commons Rights
6) 生きる(1952年)
黒澤明監督による1952年の日本映画です。この映画は、人生の最後の数ヶ月を、自分の住む地域の改善に捧げることを決意した役人の物語です。生と死、そして戦後の日本社会について分析しています。
Wikimedia Commons Rights
5)Journal d'un cure de campagne(1951年)
フランスの田舎町に神の言葉を届けようとする若い司祭が、自らの病気や村人たちの支援のなさに苦悩する姿を描いたロベール・ブレッソン監督による作品です。神の使命を追求する主人公の内面の葛藤を、深く内省して描いた作品として知られています。
Wikimedia Commons Rights
4)市民ケーン(1941年)
オーソン・ウェルズが監督・主演した1941年のアメリカ映画の傑作です。通信業界の大物チャールズ・フォスター・ケインの生涯を、彼の最後の言葉「Rosebud」の意味を探ることを通して描いた作品です。ノンリニア編集や被写界深度の先駆的な使い方など、当時としては革新的なビジョンが描かれています。
Wikimedia Commons Rights
3) 灰とダイヤモンド(1958年)
第二次世界大戦末期のポーランドのレジスタンスを描いたAndrzej Wajda監督のポーランド映画「Ashes and diamonds」が第3位です。祖国への愛と忠誠の間の葛藤を描いた強烈な感動ドラマです。
Wikimedia - By Gawain78
2) 8 ½ (1963年)
フェデリコ・フェリーニ監督による映画が第2位です。マルチェロ・マストロヤンニ演じる監督が、新作の製作に苦悩する創作の危機を描いた作品で、幻想的な寓話とシュールな作風で見逃せません。
Wikimedia - By DMarx22
1) 2001年宇宙の旅(1968年)
第1位は、スタンリー・キューブリック監督の傑作SF映画です。ディスカバリー号とスーパーコンピューターHAL9000の宇宙の旅を通して、人類の進化と謎の異星人とのコンタクトを描いた作品です。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.