映画スター

映画界における10の不思議であまり知られていない初めての出来事

映画もまた、音楽やスポーツと同じように、独自の記録や初記録を持っています。

その中には、史上最高の興行収入を記録した映画として誰もが知る記録もあれば、あまり知られていないが、信じられないような記録もあります。

最も爆発シーンが多い映画から、最もエキストラが多い映画まで、映画の世界から10の不思議な記録を紹介しましょう。

Movie Frames
あまり知られていない映画の記録
映画もまた、音楽やスポーツと同じように、独自の記録や初記録を保持しています。その中には、歴代最高興行収入を記録した映画や、アカデミー賞最多受賞作品など、多くのファンに知られている記録もあれば、あまり知られていないけれど、信じられないような記録もあります。最も爆発シーンが多い映画から、最もエキストラが多い映画まで、映画の世界から10の不思議な記録を紹介しましょう。
Movie Frame
ウォレスとグルミット-うさぎたちの呪い
まずはアニメーション映画から。『ウォレスとグルミット/うさぎたちの呪い』は、映画製作に必要なプラスチシン(型用粘土、合成材)の量としては最多記録を持っています。
Movie Frame
ブルース・ブラザース
この有名な1980年のミュージカル映画は、歌に関する記録は持っていないが、最も多くの自動車事故が起きたシーンでギネス世界記録を誇っているのです!
Movie Frame
不眠症の治療法
5220分:これは史上最長の映画『不眠症の治療法』の長さです。この作品は約87時間続き、筋書きはなく、アーティストLD・グローバンが3日半かけて4080ページの詩を朗読する様子をスクリーンに映し出しました。
Movie Frame
スワーネット:ザ・ムービー
『スワーネット:ザ・ムービー』は非常に特別な記録を持っています。実は、史上最も悪態をついた言葉が多い長編映画なのです。約112分の映画の中で、その悪態は868語にものぼるという!
Movie Frame
007 スペクター
このシーンで使用された燃料は8418リットル、爆薬は33kgにのぼります。
Movie Frame
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART II
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART II』は、J.K.ローリングの小説シリーズを映画化した作品であり、それゆえにそのプレミアは、きちんとした名誉を与えなければならなかったのです。実際、この作品は、トラファルガー広場からレスター広場まで、映画プレミアのために用意されたレッドカーペットとしては史上最長の455メートルを誇っていました。
Movie Frame
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの第1作目は、スクリーンで目撃された殺人の最多記録を保持しています。特別かつ正確な調査によれば、カメラによって撮影された死者は83,871人にのぼります。
Movie Frame
アバター
中でもジェームズ・キャメロン監督の作品は、史上最も高額な製作費4億2500万ドルを投じましたが、それを補って余りある記録的な興行的成功を収めました。
Movie Frame
47人RONIN
逆に、2013年の「47RONIN」は史上最大の大失敗作のひとつであり、2億2500万ドルの予算に対して1億5096万2475ドルの興行収入にとどまりました。
Movie Frame
ガンジー
特にガンジーの葬儀のシーンでは30万人ものエキストラが動員され、そのうち20万人はボランティアでした。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.