フロム・ソーシャルズ

五輪代表選手が "ポンゴ "のような肌に、そして衝撃の事実が発覚

photo tiktok @lawrenceokoye
不思議な写真
ローレンス・オコエは、イギリスのスポーツ選手で、円盤投げの専門家です。ロンドンオリンピック、東京オリンピックに出場し、元NFL(アメリカンフットボールリーグ)のサンフランシスコ49ersに所属していた選手でもあります。昨年12月、彼はtiktokのプロフィールにこんな奇妙な写真を投稿しました。
photo tiktok @lawrenceokoye
冗談のつもりで
ローレンス・オコエは、「まるで自分がプラスティックでできているみたいだ」と書いています。確かに、右足を親指で押すと、そのような感じになります。脛骨の皮膚は、すぐに元の形に戻るのではなく、内側に押されたまま、いくつもの「穴」ができているのです。
Getty Images
もうひとつの真実
しかし、実はローレンス・オコエは、その奇妙な「ポンゴ」肌には醜い真実が隠されていたことを後に知ったのです。このアスリートは、"蜂巣炎 "と呼ばれる皮膚の感染症にかかっていることがわかったのです。
Getty Images
セルライトではなく
これは、一般的な蜂巣炎ではなく、開放創から皮膚内部に侵入した細菌によって引き起こされる皮下結合組織の炎症です。抗生物質を投与せずに放置すると、重症の場合、広範囲の壊死、膿瘍、あるいは敗血症に至る可能性があり、それに伴う安全上のリスクも起こりうるのです。
Getty Images
危険回避
この話は12月上旬にさかのぼりますが、ソーシャルメディアによって一気に広まったのです。幸いなことに、感染症の発症は、さらなる症状が出る前に治療されました。それを証明するために、スポーツマンが2週間後にこのトラブルから解消されたことを知らせました。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.