ピープル

ブルース・ウィリスと家族がディズニーランドで気ままな一日を過ごす:写真

ハリウッドの名優ブルース・ウィリスが先日、愛する家族とカリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・パークで気ままな一日を過ごしました。

ウィリスの妻であるエマ・ヘミング・ウィリスが、一緒に過ごした楽しい時間を映した動画をインスタグラムでシェアしたことから、彼らのニュースが広まりました。映像では、ブルースが2人の娘、メイベル・レイとエヴリン・ペンと笑い、冗談を言いながら、水上ジェットコースターでエキサイティングな乗り物を楽しんでいる様子が映し出されています。

68歳のブルースは、進行性の脳疾患と診断されましたが、身近な家族の協力もあり、驚くべき強さを発揮しています。

Instagram @emmahemingwillis
ブルース・ウィリスと家族がディズニーランドで気ままな一日を過ごす:写真
ハリウッドの名優ブルース・ウィリスは、最近、愛する家族と一緒にカリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・パークで刺激的な一日を過ごしました。
Instagram @emmahemingwillis
動画
このニュースは、ウィリスの妻であるエマ・ヘミング・ウィリスが、この1日を撮影した動画をインスタグラムで公開したことで明らかになりました。また、妻とともに2人の娘、メイベル・レイとエヴリン・ペンも一緒で、カメラに向かって笑顔を見せ、笑いながら話している姿も見られました。
Instagram @emmahemingwillis
キャプション
エマ・ヘミング・ウィリスは写真のキャプションとして、"ティアナ・バイユーのように再オープンしたら、この家族はもっと楽しくて笑いを求めて戻ってくるに違いないわね!スプラッシュマウンテンの思い出をありがとう。"
Instagram @emmahemingwillis
ディズニーランド「スプラッシュ・マウンテン」
ライド中、俳優は隣に座っている小さな娘に腕を巻きつけ、もう片方の腕で顔を守るなど、愛情を示していました。俳優とその家族は、2024年に新しいテーマに改装される前に、ディズニーランドのアトラクション「スプラッシュ・マウンテン」を最後に楽しむことができたのです。
Instagram @emmahemingwillis
家族の愛情
2022年に失語症を患ったブルース(68歳)は、最近、進行性の脳疾患であるFTDという、より具体的な診断結果を公表しました。発症当初から俳優と深い絆で結ばれている家族が、幸せそうに写っているこれらの写真を見ると、特にこのような時に、家族の愛情がいかに大切かを実感させられます。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.