ゴシップ

アンバー・ハード、ジョニー・デップに100万ドルを補償、俳優はその金額をチャリティに寄付する予定

ジョニー・デップは、女優が敗訴し俳優が勝訴したことで大きな話題となった名誉毀損訴訟の結果として、元妻のアンバー・ハードから100万ドルを受け取りました。ゴシップサイトTMZ.comによると、デップはこのお金を手元に入れず、さまざまな慈善団体に寄付したといいます。

100万ドルは20万ドルずつに分けられ、さまざまな非営利団体に贈られました。

その中には、恵まれない若者に映画の機会を与える活動を行う「メイク・ア・フィルム財団」、病気の子供のためのキャンプ「ペインテッド・タートル」、権利を奪われたコミュニティを支援する組織「レッドフェザー」、自然の生態系を世界的に保護する活動を行う「テティアロア協会」、最後にアマゾンを守る活動を行う「アマゾン基金アライアンス」などがあります。

Getty Images
歴史に残る判決
数ヶ月に及ぶ悪名高い告発と、メディアを賑わす長時間の裁判の末、ジョニー・デップは無罪を勝ち取り、元妻のアンバー・ハードとの裁判に勝利しました。法廷闘争での勝利のニュースはセンセーションを巻き起こしましたが、その後の展開がデップの意外性を改めて証明しました。
Getty Images
より大きな目的のために100万ドルを
名誉棄損の賠償として、アンバー・ハードはジョニー・デップに100万ドルを支払いました。しかし、デップはその金額を自分のものにするのではなく、全額をチャリティに寄付するという特別な決断をしました。この選択は、困難な状況をポジティブなものに変える、寛大なジェスチャーでした。
Getty Images
受益者団体5社
100万ドルは20万ドルずつ5つに分けられ、さまざまな非営利団体に配分されました。その中には、恵まれない若者に映画の機会を与える活動を行う「メイク・ア・フィルム財団」、病気の子供のためのキャンプ「ペインテッド・タートル」があります。
Getty Images
困っている地域に貢献する
ジョニー・デップは、他の3つの団体へ支援することでも、その社会的感性を発揮しました。権利を奪われたコミュニティを支援する組織「レッドフェザー」、自然の生態系を世界的に保護する活動を行う「テティアロア協会」、そしてアマゾンを守る活動を行う「アマゾン基金アライアンス」です。
Getty Images
正義の味方
ジョニー・デップは、受け取った100万ドルをチャリティーに寄付するという決断を下しましたが、これは、俳優が個人的な経験を他人を助ける機会に変えた例です。デップはこの選択によって、自分が正義の管理者であり、困っている人々の生活や環境保全に変化をもたらそうとしていることを示したのです。彼の行動は、セレブリティの中で際立っており、寛大さと大義へのコミットメントという彼の例に倣うよう、他の人々を鼓舞しています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.